太平洋同盟記 パ・リーグ’10
プロベラ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
『お手本は潮崎』
参加中⇒にほんブログ村 パ・リーグ

もし、本当に潮崎のような投球をしてくれるならば

全力で小林投手を応援っ(`・ω・´)

右手に息を吹きかける仕草も忘れずに!!
あと、多すぎる牽制球は真似しなくてイイよ。
試合が長引くから。

■小林『左殺し』になる お手本は潮崎

昨季終盤にサイドスローに転向した小林正人投手はオフ中、
サイドスローの元西武の潮崎哲也氏(現西武編成部)の連続写真を入手して分析。
投球術も見習うなど、“いいとこ取り”で、
ワンポイントリリーフとしての地位を築き上げることを今季の目標に定めた。

「オフの間は、潮崎さんの連続写真を見て研究しました」

サイドスローに昨季終盤から変更。
絶体絶命の場面で投げてきた潮崎投手から学ぶべきことはある。
手に入れた連続写真と、自分のビデオを見比べ、重心の低さに気がついた。

「潮崎さんは、腕の位置は自分と変わらないと思うけど、重心が低い分、低く見える
 今季はシンカーをものにしたい」。

(中日スポーツより抜粋)

潮崎のような活躍が出来るように、願ってます。
スポンサーサイト

テーマ:西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

【2010/11/26 00:00】 | パ・リーグ’10 |
2010年ゴールデングラブ賞
『守備の人』を表彰する
2010年ゴールデングラブ賞発表。

パ・リーグの受賞者は以下。

◆セ・一塁手が史上初の「該当者なし」…ゴールデングラブ賞

守備のベストナインを表彰するゴールデングラブ賞が発表された。
楽天からは嶋基宏捕手が2005年の球団創設以来、初めて選ばれた。

◆パ・リーグ
▽投手 涌井秀章 (西武)
▽捕手 嶋基宏 (楽天)
▽一塁手 小久保裕紀 (ソフトバンク)
▽二塁手 田中賢介 (日本ハム)
▽三塁手 小谷野栄一 (日本ハム)
▽遊撃手 西岡剛 (ロッテ)
▽外野手 糸井嘉男 (日本ハム)、坂口智隆 (オリックス)、栗山巧 (西武)

西武・涌井秀章
「現役の間はずっと取れるように頑張ります」

楽天・嶋基宏
「盗塁阻止率やチーム防御率も良くないので、正直選ばれていいのかなとは思うが、自信にしたい。
来年からは賞に恥じないプレーをしないといけない」

ソフトバンク・小久保裕紀
「プロ2年目の(二塁手での)受賞はその評価に値するのかと半信半疑な気持ちでした。
今回は前よりも守備で貢献している自負もあり、自分自身納得しています」

日本ハム・田中賢介
「毎年の大きな目標としているので、受賞できて大変光栄に感じている。
コーチやスタッフの皆さんに感謝の気持ちでいっぱい」

日本ハム・小谷野栄一
「昨年もこの賞をいただき、とても励みになった。
2年続けて受賞できたのは、僕を支え、励ましてくれた人たちのおかげ」

ロッテ・西岡剛
「リーグ(のレギュラー遊撃手)で一番エラーが多かったし何で僕かなと。聞いて驚いた。
賞を取れたことは光栄です。どうにか貢献しようと思ってプレーしていた」

日本ハム・糸井嘉男
「本当に驚いている。ことしはエラーが五つもありましたし、受賞は難しいかなと思っていた。
もっとうまくなれるように頑張ります」

オリックス・坂口智隆
「どんな賞よりも欲しい賞。今後もプロである以上は取り続けたい。
今年はいろいろあった中で取れて、自信になる。10年連続を目指したい」

西武・栗山巧
「うれしさと驚きが入り交じり、信じられない思い。
辛抱強く使ってくれた監督、コーチ、今までお世話になった方々に、心の底から感謝したい」

(スポーツ報知より抜粋)

わーっ(゚Д゚;)

なんか…

嶋が初受賞してるっっっ!!

え…他にいなかったの?
嶋自身のコメントも、ちょっと驚きが混じってる。

『盗塁阻止率やチーム防御率も良くないので、正直選ばれていいのかなとは思うが』

でも、嶋以外にフル出場したキャッチャーは少なかったかも。
どのチームもキャッチャーを複数人併用してたし。

とりあえず
初受賞おめでとーっ!!

これからは、自信を持って『獲れると思ってました!』って言ってください。

テーマ:パ・リーグ - ジャンル:スポーツ

【2010/11/14 00:00】 | パ・リーグ’10 |
日本プロ野球史上最大の下克上!
参加中⇒にほんブログ村 パ・リーグ

日本プロ野球界に於いて、史上最大の下克上!!

千葉ロッテマリーンズがリーグ3位から日本一にっ!!

パ・リーグ3位のチームが、セ・リーグ1位のチームを降した!
サイコーの展開っっっ!

今年の日本シリーズはホントに面白かった。
連日、見ごたえのある試合で
延長15回引分なんかも観れちゃったりして、
野球の面白さ、怖さを再実感。

野球ファン、パ・リーグファンで良かったなぁ…って
心底思えた!

千葉ロッテマリーンズ、日本一おめでとうっ!!!

■「和」結実の日本一!粘ってつないでロッテ逆転

西村監督が言い続けた「和」が結実した瞬間だった。
粘って、つないで、点を奪っていく。
一つになったロッテが、レギュラーシーズン3位から日本一に上り詰めた。

3-6の5回。
今江の適時打で2点差とし、さらに里崎の中前打で追い付いた。
7回に金の適時打で勝ち越すも、9回に小林宏が同点とされる。

迎えた延長12回2死二塁。
指揮官が我慢強く起用し、成長を続けた岡田が決勝の三塁打。
逆境を何度もはね返す強さが、大一番でも発揮された。

「一つになって戦うのが団体競技」
プロとしては青臭くても、とにかく「和」と言い続けた。
「選手を信頼している。みんな一つになった」。
西村監督の描く理想が今、かなった。

(スポニチより抜粋)

序盤にリードされてても、コツコツ追いつき追い越すのは
プレーオフからの勝ちパターン。

最後の打球を獲ったのは、やっぱり西岡だった。
千葉ロッテマリーンズ2010日本一

マウンドに駆け寄るロッテの選手達
千葉ロッテマリーンズ2010日本一

西村監督と里崎。
千葉ロッテマリーンズ2010日本一
コレが最後の抱擁か…?

無念にも敗戦投手となった浅尾
千葉ロッテマリーンズ2010日本一
浅尾、毎日よく投げてたなぁ…
しかも…

カ ワ イ イ !!

こんな哀しそうな顔されると
こっちまで哀しくなっちゃうね(´・ω;`)

■西岡独占手記 チーム全員がボクをキャプテンにしてくれた

野球人生の中でも一番うれしいです。
レギュラーシーズンは3位通過だったけど、日本一になれるのは1チーム。
それを目標にやってきたし、05年とはまた違う喜びがありますよね。

去年までだったら試合後に外食して、それから飲みに行く元気もあったけど、
今年はそれがなかった。
ちゃんと野球と向き合って、野球に集中できたし、
本当に頑張ったら遊ぶ気力もないんだなあというのを感じましたね。

キャプテンとして、西岡は変わったとか、チームを引っ張ったと言われる。
でも、それは僕の力だけじゃない。
チーム全員がキャプテン像をつくってくれたと思っています。

去年は球団と監督の対立問題とか、球団批判する一部のファンとのこともあって、
野球をやめようかなと思うぐらい落ち込んでいた。
今年はまたファンの方が応援してくれるのかなと恐怖心を抱きながら
シーズン最初から最後まで戦ったのでホッとした部分はあります。

それに妻(徳澤直子)には、恩返ししてあげたかったですね。
お付き合いさせていただいたのが去年の一番苦しかった時。
苦しい時っていけてないと思うし、家に帰っても気が抜けたような感覚だった。
そういう時って女性は離れていく方が多いと思うんですけど、
見放さずに、横にずっと居て、黙って僕のことを見守ってくれていたのは感謝したい。

(スポニチより抜粋)

おめでとう、キャプテン西岡!
千葉ロッテマリーンズ2010日本一

去年は応援ボイコットとかされてたもんな…。
そういうの全部乗り越えて、ずっと頑張ってきたんだろね。
泣ける・゜・(ノД`)・゜・
報われてヨカッタ。

結婚して、落ち着いちゃってちょっと残念だけど
直子は意外と、イイ嫁になってるっぽい。

『フライデーには気を付けて!!』

■谷繁も困惑した今江の笑み「お前、本当に楽しそうやな」

ロッテ・今江は直球を待って、変化球にもタイミングを合わせてしまう。
「僕みたいなバッターはデータが通用しない。谷繁さんも困った感じでした」。
ファウルを打った際、悔しがるそぶりも見せずに笑った。
すると谷繁から
「お前、本当に楽しそうやな」とあきれ顔で言われたという。
中日の頭脳を困惑させていた。

(スポニチより抜粋)

3位チームだから、変なプレッシャーとかないのが
楽しめた一因かもね。

そんな今江が今シリーズも…

■ロッテ、5年ぶり4度目の日本一!リーグ3位から初!…日本S第7戦

最優秀選手(MVP)にはシリーズを通じて打率4割4分4厘、6打点をマーク、
この日も5打数4安打1打点と史上初のシリーズ3度目の1試合4安打を記録して
“シリーズ男”の本領を発揮した今江敏晃内野手が選出。
前回2005年の日本一に続いて2度目のシリーズMVPに輝いた。

その他の表彰選手は次の通り。
▽敢闘賞 和田一浩外野手(中日)
▽優秀選手 内竜也投手、清田育宏外野手(以上ロッテ)、大島洋平外野手(中日)

(スポーツ報知より抜粋)

MVP!!

さっすがシリーズ男!
打率.444!
シリーズ3度目の1試合4安打は“史上初”の快挙。

中継ぎで頑張った内と、2番バッター・新人清田も受賞。

■中日・落合監督「今年は選手を褒めてやる」

「誰も責めない。責めるつもりもない。
強さを感じさせないことが、相手(ロッテ)のすごいところでは。
今年は選手を褒めてやる。
ただ、力でねじ伏せて勝つ強さがまだ足りない」

(ヤフースポーツより抜粋)

カッコイイなぁ…。

■ロッテ真夜中の祝勝会 ビール3200本が泡に

延長戦の決着とあって日付が変わって午前1時からスタート。
選手会長のサブローの「日本一おめでとう!」の乾杯の音頭を合図に、
用意されたビール3200本は瞬く間に泡と消えた。
西岡は「いつも西岡は何かを持っていると言われてここまできました。それは…ロッテガムです!」
と絶叫して、ポケットからロッテガムを取り出すパフォーマンス。

(スポニチより抜粋)

寒空の下でのビール掛けだったけど
楽しそうだったなぁ。

そして西岡の…

まさかのロッテガム発言!!

ウケるっ・゜・(ノ∀`)・゜・

斎藤佑樹語録、しばらく使われまくりそうだな。

■ロッテリアVセール、ドリンクなど半額!

ロッテリアは8日、日本シリーズでロッテが優勝したことを受け、
ドリンクなどを半額にする優勝記念セールを全国の店舗で始めた。
期間は14日まで。

「野菜生活100」とSサイズを除くドリンクとフレンチフライポテトMサイズが対象。
ポテトMが付いたハンバーガー類のセットは110円(税込み)引きとなる。

(ニッカンより抜粋)

日本一セールなのに…

内容しょぼいー・゜・(ノД`)・゜・!!
もっといろいろやって欲しかったな。


2010年日本シリーズスコア

第1戦
ロッテ012|001|100|5
中 日020|000|000|2
観客数:38066人
勝 成瀬/S 小林宏
負 吉見

第2戦
ロッテ000|100|000|1
中 日433|002|00X|12
観客数:38065人
勝 チェン
負 マーフィー

第3戦
中 日001|000|000|1
ロッテ001|400|20X|7
観客数:26923人
勝 渡辺俊(完投)
負 山井

第4戦
中 日000|210|000|01|4
ロッテ003|000|000|00|3
観客数:27197人
勝 高橋/S 岩瀬
負 伊藤

第5戦
中 日100|001|020|4
ロッテ400|230|10X|10
観客数:27209人
勝 ペン
負 中田賢

第6戦
ロッテ100|000|010|000|000|2
中 日100|001|000|000|000|2
観客数:38094人
成瀬-内-伊藤-薮田-古谷-小野-小林宏
チェン-浅尾-高橋-河原-岩瀬-ネルソン-久本

第7戦
ロッテ200|130|100|001|8
中 日312|000|001|000|7
観客数:38075人
勝 伊藤
負 浅尾

テーマ:西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

【2010/11/08 00:00】 | パ・リーグ’10 |
潮崎哲也、来シーズンは西武編成部へ
参加中⇒にほんブログ村 パ・リーグ

ショック過ぎるニュースが入った。

潮さぁぁぁぁんっ・゜・(ノД`)・゜

◆西武、潮崎投手コーチら来季は編成へ
西武の球団本部長は、
1軍の潮崎哲也投手コーチが、来季から編成部プロ担当となると明らかにした。

(サンスポより抜粋)

◆潮崎投手コーチ、相馬捕手コーチは編成へ
1軍の潮崎哲也投手コーチが、来季から編成部プロ担当となる。

(スポニチより抜粋)

◆潮崎投手コーチは編成へ 西武
1軍の潮崎哲也投手コーチが、来季から編成部プロ担当。

(スポナビより抜粋)

◆潮崎投手コーチは編成へ…西武
1軍の潮崎哲也投手コーチが

(スポーツ報知より抜粋)

と、いうワケで…

潮崎チーフ投手コーチは、来シーズン

編成部に行くんだってさっ!!

…死んだ。
わたし、死亡。

確かに“スーツ潮崎”も悪くない。
むしろ魅力的だ。

だがしかし…

球場で見れないのか。
第二球場行っても見れないのか。
西武ライオンズのユニホーム着てる御姿が見れないのか。

…凹む。
てっきり2軍の投手コーチだと思っていたのに。
『雄星を育ててくれるんだねっ!』とか言っちゃってたのに。

いや、現役引退した直後も編成だったから
またそこに戻っただけなんだけどさ。

やっぱりまだスカウトになりたいのかな。
ヒトを見る目に自信があるんだろーね。

私的にはがっかり過ぎるニュースだけど、
とりあえず、“球団職員”として潮さんが西武ライオンズに残ってくれて良かった。

球場観戦する楽しみはなくなってしまったけど
これからは、『潮崎が見つけた逸材だ』と思って
他球団からトレードされた選手を観ることが出来る。

『他ではくすぶってたけど、西武に入って活躍してくれて良かったね!』
って言われるような選手をたくさん見つけてきて欲しい。

潮崎編成担当の手腕、大いに期待してます。


そして、来シーズンの首脳陣はこんなカンジ↓

◆西武、土井氏がヘッド復帰=プロ野球

西武は、来季のコーチ陣を発表。
ヘッド兼打撃コーチとして、土井正博氏が4年ぶりに復帰。
バッテリーコーチに元近鉄の光山英和氏。
2軍から小野和義投手コーチ、鈴木康友守備走塁コーチらが昇格し、
編成部から石井丈裕氏が投手コーチに就いた。
潮崎哲也投手コーチ、相馬勝也捕手コーチは編成部に異動。

【1軍】
▽監督:渡辺久信
▽ヘッド兼打撃:土井正博
▽打撃補佐:熊沢とおる
▽投手:小野和義、石井丈裕
▽バッテリー:光山英和
▽バッテリー補佐:仲田秀司
▽守備走塁:鈴木康友、河田雄祐
【2軍】
▽監督:行沢久隆

(時事通信より抜粋)

石井丈さんが投手コーチに。
あと、小野さんが1軍に昇格。

あーそうー。

◆米挑戦希望も慰留され…中島は来季も西武残留

今オフの動向が注目されていた西武の中島裕之が
来季も西武でプレーすることが明らかになった。
前田球団本部長によると、28日に中島から米大リーグ移籍の希望を伝えられたが、
慰留した結果、残留することを納得してくれたという。

(スポニチより抜粋)

あ、そう。

なんかもぅ…
どうでも良くなってきた。

ホントだったら、めちゃめちゃ喜ばしいニュースなんだけど。

っつーか、ナカジは西武のユニホームが1番似合ってるからっ!
渡米なんか端から考えなくてイイんだよ!!

スーツ…。
スーツ潮崎。
いいよ、それはそれで。

23日のファン感、潮崎はいるのかな。
ラスト・ユニホーム姿になるのかな。

…温泉やめて、そっちに行かなきゃな。

テーマ:西武ライオンズ - ジャンル:スポーツ

【2010/10/30 03:00】 | パ・リーグ’10 |
ドラ1!西武・大石達也、日ハム・斎藤佑樹
参加中⇒にほんブログ村 パ・リーグ

岡田達也、川越達也、田中達也、潮崎哲也

『達也』って、なんか字面がイイよね!

そんなワケで、

大石達也くん、ようこそ西武ライオンズへ!!

更には

日ハムが、斎藤佑樹の交渉権獲得!!

今年もパ・リーグは大収穫!!
来シーズンが楽しみすぎるっ

◆大石引きナベQ6球団くじ連勝

西武渡辺監督が2年連続で強運ぶりを発揮。
ドラフトで1位指名した早大・大石達也投手は6球団が競合したが
「ワセダカラー」のえんじのパンツをはいた験担ぎも実り、
見事に当たりを引いた。

渡辺監督は封筒の中身を確認すると、両手でガッツポーズ。
「本当に信じられない。何か、怖いです」。

うれしい一方、悩みも。
「育てる責任もあるなと」と正直な心境を吐露

(ニッカンより抜粋)

やった!やった!!
6球団競合の大石を西武が当てた!

2年連続で当てちゃうとか!!スゴ過ぎ!!

ホント、怖いくらいの引きの良さ。
ナベQはもぅ、この勢いで宝くじも買うしかないよね。

“育てる責任”は充分感じて頂きたい。
雄星はいつ成長するんですか(゚Д゚)

…いや、潮崎コーチが2軍に行くから
来シーズンには彼はスゴイことになってる。絶対。信じてる。

ナベQと大石くんのコメント↓

西武・渡辺監督
「信じられない。最後だったので残ってくれと祈っていた。
スケールの大きい選手だし、先発として考えている。
球界のスーパーエースになって欲しい」


先発がすごくても
抑えがアレじゃ、アレなんだよ。

西武1位・大石投手(早大)
「6球団から1位指名をいただき、驚くとともに感謝の気持ちでいっぱい。
チームのみんなと中継をテレビで見ながら、
自分の名前が呼ばれるたびに歓声が上がり、指名の瞬間はとても興奮した。
これからは投手としてはもちろん、人間としてもさらに成長していきたい」


また西武のキャンプにマスコミが押しかけるね。
名実共に、西武ライオンズの、パ・リーグのエースになりますように。

◆佑「心から感謝」4球団競合引き当てた!入団へ前向き…日本ハム1位

早大・斎藤佑樹投手の交渉権は、4球団が競合の末、日本ハムが獲得。
早慶戦に向けて集中するため、会見は行われなかったが、
広報を通じて入団に前向きなコメント。

「複数の球団から高い評価をいただき、
その中で日本ハムの指名を受けたことについては、心から感謝しています。
リーグ戦終了後、これまで応援してくださった皆さまの前で、
あらためてごあいさつしたいと思います。
また、関係者の皆さまには重ねて深く感謝申し上げます」。

(スポーツ報知より抜粋)

日ハム、交渉権獲得オメ!!!

本人は、ハム入団に前向きなコメント!
もぅ大感激!!

すごい嬉しい!
パ・リーグに来てくれるなんてっっっ・゜・(ノ∀`)・゜・

田中vs斎藤
涌井vs斎藤
杉内vs斎藤
成瀬vs斎藤
千尋vs斎藤

…全部、魅力的。
きっと、ハムさんのエースになってくれるよね(´∀`*)

マー君のコメント↓

◆マー君も佑のパ・リーグ参戦歓迎「正直うれしい」

「同世代の選手たちがプロに入ってくるということは、正直、うれしいです」
「パ・リーグ同士ということもあり、公式戦で対戦することにより、
野球界を盛り上げていきたいと思います」。

(スポーツ報知より抜粋)

盛り上がるに決まってるよー。
来シーズンが楽しみ過ぎる!!

◆塩見、佑にも大石にもマー君にも「勝つ」…楽天1位

楽天が八戸大の147キロ左腕・塩見貴洋を1位指名。
外れ1位での指名となったが、星野監督がゲット。
「外れでも、1位は1位。同世代には負けない」と言い切った。
今や楽天の顔でもあるマーくんに対しても
「田中は同じ年。負けないように頑張っていきたい」と言い切った。

来季で参入7年目を迎える楽天。
「『歴史を築こう。この杜の都で』と言いたい」と言う星野新監督の言葉に、
塩見は「楽天は今年、最下位だった。
僕が入ることで、一つでも二つでも勝ちにつなげていきたい。
僕も、もっとこれから伸びる。成長していける」と目を輝かせた。

(スポーツ報知より抜粋)

楽天はサウスポーを獲った!
本人のコメントもすごくいいね。

くまはいなくなるけど、きっと塩見が盛り上げてくれるハズ。
いろいろ楽しみ。

◆ソフトB1位指名されたばかりなのに…山下 メジャー宣言!

いきなりのメジャー宣言だ。
山下斐紹捕手(習志野)は
「正捕手になったら城島選手よりいいと言われたい。
5年以内には城島選手のようにメジャーに行きたい」
と早くも将来の大リーグ挑戦をぶち上げた。

(スポニチより抜粋)

いきなりそういうコト言うな(゚Д゚;)

『御社を踏み台にして、別の制作会社に好条件で転職します』
って言ってるよーなモンだ。

…ま、ココロの中では私もいつも思ってるけど。

◆岡田監督史上初の3連敗…「大失敗よ」

ある意味、ドラフト史に残る大惨敗。
オリックス・岡田監督が屈辱のクジ引き3連敗。
「2回目からは重複せんと思って、安心しとった。情報不足。大失敗よ」

早大の後輩・大石、キャンプ地・宮古島出身の伊志嶺、
さらにはT-岡田の後輩で「T-山田」とも呼ばれる山田と、
ゆかりのある選手の交渉権は次々と他球団の手に渡ってしまった。

同一順位の抽選を3回連続で外したのはドラフト史上初めて。

結局4人目の指名となった1位は、俊足巧打の前橋商・後藤。
「イチロー2世みたいと聞いている」と期待をかけた。

(スポニチより抜粋)

ハズレ×3。

最後は『ヤクルトとオリックス、どっちがクジ運最凶か?!』みたいに
なってたもんなー。

イチロー2世なんて、立派な言われようじゃないですか。
ホントにそう言われるようにガンバレ!


2010年ドラフト指名選手

◆福岡ソフトバンクホークス
1 山下斐紹(捕)習志野高
2 柳田悠岐(外)広島経大
3 南貴樹(投)浦和学院高
4 星野大地(投)岡山東商高
5 坂田将人(投)祐誠高

◆西武ライオンズ
1 大石達也(投)早大
2 牧田和久(投)日本通運
3 秋山翔吾(外)八戸大
4 前川恭兵(投)阪南大高
5 林崎遼(内)東洋大
6 熊代聖人(外)王子製紙

◆千葉ロッテマリーンズ
1 伊志嶺翔大(外)東海大
2 南昌輝(投)立正大
3 小林敦(投)七十七銀行
4 小池翔大(捕)青学大
5 江村直也(捕)大阪桐蔭高
6 藤谷周平(投)南カリフォルニア大

◆北海道日本ハムファイターズ
1 斎藤佑樹(投)早大
2 西川遥輝(外)智弁和歌山高
3 乾真大(投)東洋大
4 榎下陽大(投)九産大
5 谷口雄也(外)愛工大名電高
6 齊藤勝(投)セガサミー

◆オリックス・バファローズ
1 後藤駿太(外)前橋商高
2 三ツ俣大樹(内)修徳高
3 宮崎祐樹(外)セガサミー
4 塚原頌平(投)つくば秀英高
5 深江真登(外)関西独立・明石

◆東北楽天ゴールデンイーグルス
1 塩見貴洋(投)八戸大
2 美馬学(投)東京ガス
3 阿部俊人(内)東北福祉大
4 榎本葵(外)九州国際大付高
5 勧野甲輝(内)PL学園高

テーマ:パ・リーグ - ジャンル:スポーツ

【2010/10/29 00:00】 | パ・リーグ’10 |
潮崎投手コーチ、2軍降格か
参加中⇒にほんブログ村 パ・リーグ

今日はドラフト会議。

西武は参戦しないみたいだけど、
やっぱり斎藤佑樹の行き先が気になる。

パ・リーグに来て欲しいな。
球場で、生・斎藤が観たい。


西武の人事改革が発表された。
コーチ陣が何名か解雇に。
薄ら寒い。

■V逸CS敗退の西武7人解雇で人事改革

西武が退団者を発表。
1軍の大石友好バッテリーチーフコーチ(56)
清家政和守備走塁コーチ(51)森博幸打撃コーチ(47)、
2軍の大井久士捕手コーチ(47)に来季の契約を更新しないことを通告。
打撃投手など裏方も含めて計7人を解雇。
目前でリーグVを逃し、CSでも敗退したチームに厳しい人事改革が断行された。

他コーチにはこの日までに来季の配置を通達。
潮崎投手コーチが2軍へ配置転換される見通し。
2軍から小野投手コーチ、鈴木守備走塁コーチ、
熊沢守備走塁コーチの打撃部門での昇格も検討されている。

(ニッカンより抜粋)

大石バッテリーコーチや清家コーチがクビになった。
言うても“リーグ2位”なんだけど、思いのほか厳しい処置。

とりあえず

潮崎コーチは残ったよ!!!

あぁぁぁ・゜・(ノД`)・゜・
ヨカッタ!!

でも2軍投手コーチに降格らしい。
まぁ、当然っちゃ当然。
むしろ、今シーズンの投手陣のダメっぷりで
解雇じゃないだけありがたし。

ってか、また小野コーチと入れ替わりか。
行ったり来たりだな。

潮崎コーチは、2軍で菊池雄星をしっかり鍛えてくれればイイよ。
そうすればまた1軍に返り咲きだっ!!

とりあえず来年も思いっきり西武を応援できそう。
もぅ球場で潮崎を観れることはないけれど。
投手交代のたびに喜ぶこともなくなるけれど。

でも、ヨカッタ。
西武からいなくなるワケじゃない。
安心した。

■大久保前コーチが西武現場復帰求める

選手への暴力などがあったとして、
西武を解雇された大久保博元・前2軍打撃コーチが、
コーチの地位保全と報酬仮払いを求めた仮処分申請の最終審尋が行われた。
大久保の弁護士は
「解雇に理由がないことから、大久保氏は
これからも渡辺久信監督をお支えしたい気持ちが
あることを強く訴えました」とコメント。

(ニッカンより抜粋)

や め て く れ マ ヂ で。

本気でもぅ西武ライオンズに関わらないで。
球界に戻ってこないで。

■星野新監督「東北を熱くする」闘志むき出し就任会見


楽天の星野仙一監督が、就任会見を行った。
1年契約の年俸2億円で正式契約。

「杜の都を熱くさせてやろうという思いで仙台空港についた。
自分自身を叱咤激励してきた。東北を熱くする。それが私の仕事だ」
「イーグルスを東北の文化にするという思い」。

闘将は大きな野心と信念を携えて
8年ぶりに球界のユニホームに袖を通す。

(ニッカンより抜粋)

楽天の新監督に仙一が就任。

個人的に好きではない。
が、世間的には人気があるからイイんじゃないでしょーか。

ノムさんのときみたいに
マスコミが監督の言動をいちいち取り上げるだろうし
“楽天イーグルス”自体の注目度は、またUPするんだろうな。

嶋…鉄拳制裁の餌食にならないでね。

最後にセ・ネタ↓

■本拠地移転で決裂…住生活G「新潟、静岡、京都でやりたい」

来季もTBSホールディングスが保有することになった
プロ野球横浜ベイスターズの加地球団社長は、
住生活グループとの球団売却交渉の決裂理由を
「一番大きな問題はフランチャイズ。横浜から出て、新潟、静岡、京都と
違うところでやりたいと(住生活側は)主張し続けていた」と語った。

住生活グループの潮田会長も、
交渉決裂の主因が本拠地移転だったことを示唆した上で
「ゼロから考え直したかったが、できなかった」と説明。

(スポニチより抜粋)

あら、残念。
INAXは買わなかったのか。

あの狭くて危なっかしい球場からは
移転して欲しかったなぁ。

住生活は、せめて球場ネーミングライツで
『リクシル』を広めたらどうだろう。
『リクシルマリンスタジアム』とか、どーよ。

テーマ:パ・リーグ - ジャンル:スポーツ

【2010/10/28 00:00】 | パ・リーグ’10 |
パ・リーグ史上最大の下克上!千葉ロッテマリーンズ、プレーオフ優勝
参加中⇒にほんブログ村 パ・リーグ

千葉ロッテマリーンズ

2010年プレーオフ優勝!!

おめでとー!!!


史上初の3位から這い上がっての日本シリーズ出場!
さすが西武ライオンズを降したチームだ(`・ω・´)


序盤、完全に投手戦状態。
中4日のエース同士が激しく投げ合う。

5回、先に崩れたのは杉内。
満塁から押出四死球で2失点。
その後、タイムリーで2失点。

0-4じゃ、まだまだ分からない状態だけど
終盤の失点が大きく響いた。

8回、ロッテは更にタイムリー&2ランで3得点。
0-7で試合を決めた。

投げては、先発・成瀬がまたまた神がかりピッチング。
2試合連続の中4日完投勝利ってなんですか・゜・(ノ∀`)・゜・
どんな体力、精神力ですか?!

■“混パ”を象徴…3位チーム初の日本シリーズ進出

制度への賛否はともかく、プレーオフを導入した以上、
「下克上」は起こり得ることだった。
特に今季は、レギュラーシーズン最終戦まで
CS進出3チームが出そろわない、まれに見る大混戦。

戦力的に見ると、完成度でずぬけたチームはない。
ソフトバンクは得点力、西武は救援陣、
ロッテは先発投手などの短所を抱えていた。
中でもロッテはレギュラーシーズンから故障者が続出し、
短所を補う戦いを強いられてきた。

(スポニチより抜粋)

シーズン終盤まで西武は1位だった。
最後の最後で、ホークスが1位になった。
でも、2位・西武とのゲーム差はなかった。
3位・ロッテと1位、2位とのゲーム差は僅か2.5だった。

そんなカンジで大混戦だった今年のペナント。

結果的にホークスがリーグ優勝したけども
今年は、どこが優勝してもおかしくなかった。

だからプレーオフでロッテが優勝したって
何の不思議もないワケで。

ロッテは昔から、
秋口の強さ、目の前での胴上げ阻止率の高さが
他チームより圧倒的に上。

更に、短期決戦で見せる集中力、粘り、瞬発力が
異常にイイんだ。

だから、きっと日本シリーズでも魅せてくれるハズ!

■ロッテ下克上!史上初3位が日本S

ロッテがCS史上初めて3位から勝ち上がり、
5年ぶりの日本シリーズ進出を決めた。
王手をかけられてから3連勝の大逆転でCSを突破。

「10・19」の激闘として語り継がれる
88年10月19日の近鉄とのダブルヘッダーでは
1番二塁で相手チームの優勝を阻止した切り込み隊長が、
22年後は西村徳文監督としてチームを大舞台へ導いた。

(ニッカンより抜粋)

2010年の10.19も歴史的な1日になりましたなぁ。

■ロッテ・西村監督、日本S進出に「最高の気分ですね」

西村監督は
「リーグ戦から負けたら終わりというゲームはたくさんあった。
精神力の強い選手たちです」と選手をたたえ、
「成瀬は本当によくやってくれた。頼りになります」と、
ファイナルステージで2勝を挙げたエースを絶賛。
日本シリーズに向けては、「スローガンの『和』でひとつになって、
セ・リーグのチャンピオンを倒したいと思います」と力を込めた。

(スポナビより抜粋)

西村監督が、勝利インタビューで
『パ・リーグの代表として』と強調して言っていたのが印象深い。

和をもって尊しとなす

『和』をチームスローガンに掲げたロッテが
一丸となって掴んだ大逆転勝利。
ホント、お見事でした。
今年も楽しいプレーオフだった。

■西岡が涙「監督を男に」

ロッテ西岡剛は日本シリーズ進出を決め、喜びの涙を流した。
7点リードの9回2死、小久保のハーフライナーをジャンプしてつかむと、
そのまま守備位置にうずくまって号泣。
主将として最後までチームをけん引。
1年間の苦労が報われた西岡は
「最後に打球が飛んできて、頑張った人には何かがあるんだと思った」
と喜びに浸った。

(ニッカンより抜粋)

ショートライナーをキャッチして試合終了。
そのままうずくまって立ち上がれない西岡。
グラブに顔を埋めて泣き出すキャプテン。
千葉ロッテ

記憶に残る名シーンになりそうだ。
千葉ロッテ

■記録ずくめの成瀬 左腕では初の快挙

ロッテの成瀬はCS2度目の無四死球完封勝利。
プレーオフ、1人で2度は足立(阪急)に次ぎ2人目。
無四死球完封を2度は成瀬が初めて。
POで先発から中4日以内での先発は延べ30人目だが、同年に2度は成瀬だけ。
中4日以内で完封勝利は、左腕初。

(スポニチより抜粋)

成瀬、ホントに凄かったなー。

プレーオフMVPは当然、成瀬!

おめでとうっ!!
千葉ロッテ

■ロッテリア、セールは日本一で

5年ぶりの日本シリーズ進出を決めたロッテだが、
ロッテ本社は「ロッテリアでセールなどを行う準備は今のところありません」
と話すにとどめた。

(サンスポより抜粋)

やらないんかーいっっっ(゚Д゚)!!

期待してたのにな。
優勝決まってすぐ、最寄のロッテリアをチェックしたのに…ちぇっ

■ソフトBパCS史上最低打率で敗退

ソフトバンクがパ・リーグのCS史上最低打率で敗れ去った。
6試合を戦って本塁打もなければ、2ケタ安打もなし。
通算チーム打率は.169。この日は二塁すら踏めなかった。

最後の打者になったのは、主将小久保。
バットを折られた打球は、力のない遊飛になった。
ロッテを打ち込めなかったが、昨年とは違って試合後に涙はなかった。

最大の屈辱は、来季へのエネルギーに変えるしかない。

(ニッカンより抜粋)

小久保、石鎚山の『試しの鎖』ってトコに登って願掛けしたらしい。
その山の頂上にあるハムさんの球団旗を降ろして
ハリーを置いてきたらしい。

そんな神頼みも通じず。

松中、小久保、川崎…
みんなプレッシャーに潰されたのかな。
プレーオフ制覇は、悲願だったろうに。
ホークス

■杉内5回途中5失点KO、打線沈黙のまま終戦

ソフトバンクのエース・杉内は第1戦の雪辱を期したが
5回途中4失点で降板。

つかまったのは5回。
2死無走者から連打と四球で満塁のピンチを招き、
井口とサブローに連続押し出し四死球。
続く今江には速球を中前に打ち返され、決定的な4点目を許した。

ポストシーズンは04年から6度挑んですべて敗退。
苦手の短期決戦をまたも勝ち抜けなかった。

(スポーツ報知より抜粋)

杉内…この写真が哀しすぎる。⇒写真

降板後、またベンチを殴ったらしい。
利き腕はヤメロ!ブルガリア!ブルガリア!
商売道具を粗末に扱っちゃダメ。

誰も秋山監督を責めないで欲しい。
ホークス

■ソフトB・孫オーナー、無念…ツイッターでファンに謝罪

福岡ソフトバンクの孫正義オーナーは、
第1戦からツイッターにおいて熱い“つぶやき”を続けてきたが、
チームは3連敗で敗退。
試合が終了した21時30分には
「ホークスファンの皆様、大変申し訳ありませんでした」と、
“福岡ソフトバンク”として初の日本シリーズ進出を逃したことをファンに謝罪。

(スポナビより抜粋)

孫さんが謝ることでは…。

でも、このオーナーのこういう姿勢が大好き。
素晴らしいオーナーだと思う。
これからもずっとホークスの面倒をみて欲しいな。

最後に、日ハムネタ↓

■ダル、来季の日本ハム残留を明言

日本ハムのダルビッシュ有は、
自身の公式ブログで、来季について
「北海道日本ハムファイターズのユニホームを着ています」と明言した。

(スポーツ報知より抜粋)

ダルビッシュ、残留。
よかったー。
コレ以上、パ・リーグの選手達に海外流出されたらたまらんよ(゚Д゚)
続きを読む

テーマ:パ・リーグ - ジャンル:スポーツ

【2010/10/20 00:00】 | パ・リーグ’10 |
千葉ロッテ、逆王手 パ・リーグCS Final Stage第5戦
参加中⇒にほんブログ村 パ・リーグ

ホークス3勝2敗で迎えた、プレーオフ第4戦。

終盤まで、スコアは1-0。
ものすごい投手戦。
「コレは今日もスミイチかもなぁ…」なんて思いつつ帰宅。

「胴上げしてる頃かな(´・ω・`)」と、思ってTVを点けたら
スコアが1-3になっていた!!

スゴイっ!!
Finalでも終盤に粘るね~、ロッテ!

■ロッテ勝ち対戦成績はタイ パCSファイナル第5戦

パ・リーグのファイナルステージ第5戦が行われ、
ロッテが5-2でソフトバンクに勝った。
アドバンテージの1勝を含む対戦成績は3勝3敗のタイとなり、
日本シリーズ出場チーム決定は19日の最終戦に持ち込まれた。
CSが最終第6戦までもつれたのは初めて。

ロッテは0-1の7回にサブロー、福浦、里崎の適時打で3点を奪って逆転。
9回には清田がダメ押しの2ランを放った。
ソフトバンクは早めの継投が裏目に出た。

(スポナビより抜粋)

ホークス先発・大隣に抑え込まれてたロッテ打線が
ホークスの継投をきっかけに息を吹き返した。

あのまま大隣が投げてたら、ロッテ打てなさそうだったし
シーズン中だったら大隣の完投完封ペースだよね。

でも、今は短期決戦。
だからちょっとしたコトが試合を大きく動かす。

各所で『監督の継投失敗』『采配ミス』と言われているけど
あのまま変えずに打たれたら
『引っ張りすぎ』って言われてるんだろうな。
今回みたいに早々に降ろすと
『なんでもっと投げさせなかった』って言われちゃうし。

監督って、ツライ。
勝てば官軍。負ければ賊軍。

もし、ホークスがCS優勝を逃したら
秋山は、何て言われてしまうんだろう。

それを思うと、不本意ながら
『ホークス、そろそろ優勝してもイイんじゃないか』
…なんて考えたり。

■ロッテ・大嶺は先制され交代「悔いが残る」

7月以来の1軍登板となったロッテ大嶺は2回で降板。
1回は四球の本多に盗塁を許し、小久保に適時二塁打を浴びた。
2回は四球絡みの危機を辛くもしのいだが、ベンチは交代を判断。

「小久保さんへは悔いが残る一球。初回をしっかり抑えることができれば…」と大嶺。
2軍で必死に調整してつかんだ大舞台には
「こういう緊迫した試合は初めて。監督に感謝している」と話した。

(サンスポより抜粋)

かつて『ホークスに入団したかった』と言って
泣いていた大嶺が、大事な一戦でホークス相手に先発。

2回で降板したけど、久々の先発にしては好投!

ホークスとは逆に、ロッテは早めの継投が吉に。
2番手の小野晋吾が3・1/3回を無失点ピッチング。

その後も、小刻みに継投。
伊藤が失点して、危ういカンジになったけど
その後に、清田が初球打ち2ランで突き放し
最後はコバヒロが締め。

ホントにロッテは、シーズン終盤と短期決戦に強い!
できれば、このまま優勝して欲しい!!
さっきと言ってるコト逆だけど!

■主軸が好機に凡退…小久保「腹くくってやるしかない」

ソフトバンクは8回の好機を生かせなかった。
1点差に迫り、なおも無死二塁ながら、小久保、多村、代打ペタジーニが凡退。

空振り三振の小久保は「きょうは振り返らなくてもいいやろ。
生きるか死ぬか、腹くくってやるしかない」と切り替えに必死。

(スポニチより抜粋)

ホントにもぅ、『死ぬか生きるか』ですよ…。
これで全てが決まるワケだから。

松中も小久保も、相当プレッシャー感じてるだろうな。
3位から勝ち上がったロッテとは
明らかに違う大きなプレッシャーがホークスにはある。

過去のプレーオフでの惨敗惜敗が蘇ったり、
チャンスで凡退したシーンが蘇ったり、
そういうのが、余計な重圧になってるんだろうな。

もぅ…
ロッテもホークスもどっちもガンバレ!!!


うん。
こんなコト言えるのも、偏に西武がFinalステージ出てないからだね。
気楽な気持ちで試合観れるもん。
超楽しいわ。

もしコレで西武vsホークスだったら
『ぎゃあぁぁぁあああ』
『やめてー!小野寺はヤメテーーーー!!!』
『ひぎぃぃぃぃっ!!ノーアウト満塁で無得点とかバカなの?!』
『こんな試合展開観てられないっ(ノД`)もぅいっそ殺してっ!!』

…ってなるし。

あーヨカッタ。
相手が西武じゃなくてー(´∀`)ハハハ ハァ…



過去にロッテは2位からプレーオフを勝ち抜いて
日本シリーズに進出している。

一方、ホークスは
過去5回プレーオフに出場しているけど、1度も優勝してない。
リーグ優勝しても日本シリーズに出場できないコトが何度あったコトか。

ロッテが3位から這い上がるのか
ホークスがまた悪夢を見るのか。

最終戦の先発はm第1戦と同じ。
杉内vs成瀬。
どちらも中4日の厳しい状態。

杉内がリベンジするのか
成瀬がまた神がかり的な好投を見せるのか。

今夜、全てが決まる。
パ・リーグ同士の全戦いが終わる。

テーマ:パ・リーグ - ジャンル:スポーツ

【2010/10/19 00:00】 | パ・リーグ’10 |
敗戦から一夜明け
参加中⇒にほんブログ村 パ・リーグ

声が出ない。
ノドが痛い。

一晩寝たら
何だかもう、勝ったとか負けたとか
『小野寺イラネ』とか『ナカジがメジャーって(゚Д゚;)』とかどうでも良くなった。

切り替えていこー!
とりあえず、次はロッテを応援!!
その次は、パ・リーグの代表を応援だ!!

まだまだ終わらないぞー(`・ω・´)

■ナベQ采配裏目裏目で終戦「投打とも粘りの差」…CSファーストS第2戦

最後の最後まで、失った勢いは戻ってこなかった。
西武が第1Sで敗退。
リーグ制覇を目前に失速しV逸。
優勝をさらわれたソフトバンクへのリベンジの機会すら手にできなかった。

1点リードされた延長11回。同点の走者が出た。
ここで次打者・栗山には「任せた」とノーサイン。
シーズン同様、簡単に送りバントをせず、強攻策を貫いたが、結果は遊直。
得点圏へ進塁させることもできないまま、終戦を迎えた。

優勝マジック5で迎えた9月16日のオリ戦からオール逆転負けの4連敗。
CSでも2戦連続で引っ繰り返された。

(スポーツ報知より抜粋)

昨日までは
『なんでこの敗戦後に拍手できるの?!』
『2位で満足とか誇れるとか、正気か?!』
ってなカンジだったけど、
今は冷静に新聞読めるくらい、平穏な気持ちになって来た。

レギュラーシーズンとポストシーズンで
延長戦1勝10敗1分なんだって。
マジック5から、全部逆転負けなんだって!

すごいデータだなー。
いかに、後ろの投手陣がダメかって言う。

ホントなんでずっと1位だったんだろ。
謎。

最後にこういうグデグデな試合を見せ付けられると
前半戦の調子良かった頃の戦い方が全然思い出せない。

サヨナラ勝ちもけっこー観たハズなんだけどな。
そういう楽しい観戦の思い出、全部消えた。

まさに“終戦”。


昨日、色んなトコのコメントやブログを読んでたら
どうやら、西武ライオンズのフロントが
『客が入らないから中日と日シリやりたくない』と言ったとか言わないとか。
ソース見てないから何とも言えないけど。

まぁね…
前やった西武vs中日で、座席ガラガラだったら
思わず言っちゃったんでしょう。
かなり失礼な発言だけど、それがフロントの本心だからしょーがない。

オトナじゃない人間の発言に
いちいちキャンキャン噛み付くのは、もっとオトナじゃない。

っつーか、フロントは
自前のファンが入らないコトをもっと嘆いてくれ。

昨日だってロッテファンの方が凄かったんじゃないの?
私は1塁側の西武応援席にいたけど、周りロッテファン相当いたよ。

もし、開催地がマリンスタジアムで、
西武球場でPVやったとして、どれだけ客が入っただろう。
昨日のマリスタ程、入らなかったんじゃないかな。

■大一番でズバリ!西村監督「計算と信頼」の継投策

終盤崩れた西武とは対照的な6人の中継ぎ陣による無失点継投。
そこにはロッテ・西村監督の「計算と信頼」が根底にあった。

内は第1戦、同点の8回無死一塁から登板して4点を勝ち越された。
それでも内を起用した西村監督は
「打たれたら僕の責任。本人のためにも経験させたかった」。
覚悟を決めた指揮官に対して内も
「昨日やられた分をやり返したかった」と期待に応えた。

(スポニチより抜粋)

内を信じて起用した西村監督。
西村監督の意気に応えた内。

小野寺を信じて起用した渡辺監督。
いつものように背信投球した小野寺。

『リベンジしてこい!』という心意気に
ちゃんと応えられる選手であるかどうか
それを見極めるのも監督・コーチの仕事だ!

■ナベQ続投、このまま終われない

2年契約の1年目だった西武渡辺久信監督の来季続投が決まった。
「このままじゃ終われない」と4年目の巻き返しへ決意。

リリーフ陣の不調に歯止めが利かなかった。
11回に4番手小野寺が井口に適時打を浴び、2試合連続で延長負け。
延長戦はレギュラーシーズンでも1勝8敗1分けと苦戦。

試合終盤にいくほど不安が増したが
「こういう形で終わったけど、レギュラーシーズン2位。選手はよく頑張った」とねぎらった。

(ニッカンより抜粋)

渡辺監督は来年もやるそうだ。
イイんじゃないでしょーか。
他に適任もいないだろうし。

あ~でも…
なんだかなー。

とりあえず、デーブを呼び戻さないで下さい。

■ナベQ来季続投「腹据わってる」…西武

「今年の反省を踏まえ、強いチームを作っていくしかない」と戦力補強を示唆。
コーチ人事については未定であることを明かし、
「正式決定は20日の練習再開後になるかもしれない」と話した。

(スポーツ報知より抜粋)

コーチ人事については未定

コーチ人事については未定

コーチ人事については未定

ひぃっ・゜・(ノД`)・゜・

Xデーは10/20か?!
ヤバイ!どーしよ!!

もぅ絶対危ういよね?
投手コーチ入れ替えだよね?!

潮さんっ・゜・(ノД`)・゜・


最後に嶋ネタ↓

■嶋「精神面を学びたい」あこがれの闘将を歓迎

楽天の嶋が星野について「精神面を学びたいですね」と歓迎。
岐阜出身の嶋は、幼い頃から熱狂的な中日ファン。
「中日と言えば星野監督の印象です」と闘将はあこがれの存在だ。

主砲・山崎からは来季の選手会長に推薦されており
「まだ迷いもあって返事はしていませんが、
若いチームを引っ張っていけたら」と意欲的。

(スポニチより抜粋)

1001が楽天の監督になるそーです。
嶋は歓迎しているよーです。

どうなるコトやら。
とりあえず強くなってくれればイイや。

しかし、ホントに楽天は監督がころころ変わるな。
楽天市場の社内体制そのものだね。

吉と出るか凶と出るかは、来シーズンの今頃次第。
参加中⇒にほんブログ村 パ・リーグ

テーマ:パ・リーグ - ジャンル:スポーツ

【2010/10/11 00:00】 | パ・リーグ’10 |
2010年ペナントレース終了 パ・リーグ各タイトル決定
参加中⇒にほんブログ村 パ・リーグ

2010年順位
1:ソフト
2:西 武 -
3:ロッテ 2.5
4:日ハム 3.0
5:オ リ 7.5
6:楽 天 15.0


自分、開幕前の順位予想ハズレ過ぎっ・゜・(ノД`)・゜
開幕前夜!2010順位予想@太平洋同盟記

まさかの全順位ハズレって言う…。

でも、ライオンズをBクラスに予想したから
秋にはしっかりAクラス入りだ!
あんな投手陣でもAクラスに入ったのは、この予想のおかげかもよっ

2010年各タイトル
■最優秀防御率
 ダルビッシュ有( 1.78)
■最優秀投手
 杉内俊哉(.696)
■最多勝利
 和田毅(17)
金子千尋(17)
■最多セーブ
 シコースキー(33)
■最優秀中継ぎ/最多HP
 摂津正(42)
 ファルケンボーグ(42)
■最多奪三振
 ダルビッシュ有(222)

■首位打者
 西岡剛(.346)
■最多本塁打
 T―岡田(33)
■最多打点
 小谷野栄一(109)
■最多安打
 西岡剛(206)
■最高出塁率
 カブレラ(.428)
■最多盗塁
 片岡易之(59)
 本多雄一(59)
参加中⇒にほんブログ村 パ・リーグ

テーマ:パ・リーグ - ジャンル:スポーツ

【2010/10/01 00:00】 | パ・リーグ’10 |
2010年、ソフトバンクホークスリーグ優勝
参加中⇒にほんブログ村 パ・リーグ
9月26日、日曜日の夕方。
パ・リーグの優勝チームが決まった。

2010年は、ソフトバンクホークスがリーグ優勝。

白い犬もグラウンドで小さく胴上げされて大喜びさ。


当然私は…

凹むよねっ!!

■ナベQ「責任感じてる」M4から5連敗

西武が力尽きた。
守護神・シコースキーが打たれ、日本ハムにサヨナラ負け。
2年ぶりのV奪回はならなかった。
優勝争いで一度は抜け出したが、マジック4としてからの5連敗が響いた。

1試合を残して2位が確定。
最後はCS突破へ、打倒ソフトバンクを誓った。

糸井のサヨナラ打に、西武ナインの緊張の糸はプツリと切れた。
2戦連続2発を放った中村が、ぼう然とベンチに座って動けない。
悔し涙を流す選手もいた。
糸井への配球を自問自答するように、細川は最後までベンチで下を向いた。

(ニッカンより抜粋)

■西武が敗れ…ソフトバンクが優勝!

ソフトバンクが、ダイエー時代の2003年以来7年ぶりのリーグ優勝。
秋山幸二監督は就任2年目。

優勝へのマジックナンバー「1」で迎えたこの日、
今季最終戦となる楽天戦の最中に、2位西武が日ハムに敗れて優勝が決まった。

(ニッカンより抜粋)

西武が負けたら泣くと思っていた。
悔し泣きするだろーなーって。

でも、あまりにもあっさりとしたサヨナラ負けに
涙が出ない。
ベンチで泣いてる選手が映っても、もらい泣きすらしなかった。


結局、最後まで投手が抑えきれなかった。
今シーズンを象徴するような負け方で、THE END。

中継ぎ・抑えの不安定さは昨年から何も変わっていない。
シコースキーは良かったけど
絶対的信頼を寄せられるとこまではいっていない。
『このピッチャー出たら、もぅ終わりだ』という安心感は持てなかった。

いつだって、先発が降板すると不安な気持ちにさせられた。
『どうしてこんなチームが1位なんだろう』って思ってた。

その点、ホークスは
去年の新人王・摂津が今年も安定してたし
若い森福が出てきたし
馬原も相変わらず盤石だし。

中継ぎと抑えがしっかりしてれば、
そりゃ、勝つよ。

精神的柱のキャプテン・小久保もいるし
今年は一時2軍落ちしてたとは言え、優勝経験豊富なベテランの松中もいるし。

西武には誰がいた?

マジックが点灯してからの崩れっぷりを観る限り
そういう柱が不在だったんじゃないかと思う。

打線もプレッシャーにやられてガチガチだった。

ランナーをためても、その後が続かない。
タイムリーが出ない。
ソロホームランは出ても、2ラン・3ラン・満塁が出ない。

マジックが点灯してからの試合で
満塁のチャンスが何度あった?
いくつ残塁があった?


優勝は、ほぼ手中にあった。
あと一歩だった。
間違いなく、2年ぶりに優勝してくれると信じてた。

それなのに…
サヨナラ負けでライバルチームを優勝させるなんて。
情けない。
悔しい。
腹が立つ!


でも、なんでだろう。

秋山の嬉しそうな顔と、胴上げを観たら

『良かったね!秋山おめでとう!!』

って、心底思えた。

彼が
私が大好きだった頃の
西武ライオンズの主力選手だったからなんだろうな。

彼が
ライオンズブルーのユニホームを着て
バック宙をしてくれた背番号1だったからだろうな。


ビール掛けのとき、本多が秋山に

『監督ありがとぉぉぉっ!!』

と、言って抱きついていた。
素晴らしい光景。

イイ監督なんだろうな。
イイチームなんだろうな。

おめでとう、秋山。

優勝するべくして、したんだよ。
ホークスは。


■小久保主将、昨年悔し涙の仙台で嬉し涙

小久保裕紀は泣いていた。
優勝決定後に守備に就いた際、涙を浮かべていた。
2年連続、同じ地で。
ただ、喪失感の昨年の涙とは違う、達成感に包まれた涙だった。
「去年の悔しさが最初に浮かんだ。仙台でうれし泣きなんて、縁があるんだな」
と、試合後は涙はなかった。

(ニッカンより抜粋)

小久保、試合中に泣いちゃってたね。
そりゃ楽天につけ込まれますわー。

ってか、楽天…
最後に上位イジメし過ぎだ。
なに、この、かつてのロッテみたいなチーム。

■西武、大失速…CSでリベンジへ緊急ミーティング

西武・潮崎投手コーチ
(シコースキーについて)
今年一番頑張ってくれた人間だから、みんなが納得する戦いはできたと思う。

(スポニチより抜粋)

潮崎…
来シーズンもコーチやってくれるのかな(´・ω・`)

ってか、
やらせてもらえるのかなぁ…。

潮さんがいなくなったら
私はもぅ西武ライオンズを応援できないわ…。

■ソフトバンクV!5球団指揮官“参りました"

▼西武・渡辺監督
ソフトバンクはいろいろな面で一番バランスが取れているチームだった。
うちがまだまだ未熟だった。

▼日本ハム・梨田監督
どっちに転んでもおかしくないパ・リーグを制したことが凄い。
投手陣のバランスが取れ、多村がコンスタントに試合に出られたことが大きい。

▼ロッテ・西村監督
直接対決で9勝15敗と大きく負け越したのがすべてを物語っている。
今はCS出場へ残り3試合、一丸となって頑張りたい。

▼オリックス・岡田監督
シーズン前からバランスの取れた平均点以上の力を有しているチームだと見ていた。
シーズン終盤の厳しい戦いをよく粘り勝っていた。

▼楽天・ブラウン監督
ソフトバンクは新人や外国人が結果を出すなど一番、
チーム構成が正しい優勝するべきチームだった。
うちは前半の打線不振など総合的に改善しないといけない。

(スポニチより抜粋)

あとは3位争い。
ハムさんがいくか?
ロッテがいくか??

相変わらず批判の多いプレーオフ制度だけど
私は大賛成!!

やっぱり面白いもんっ(・∀・)

コレでもし西武が1st Stage勝ち進んで
Final Stageで勝っても…

ホークスファンは怒らないでね!

でも、今のライオンズが日本シリーズ行っても
勝てる気がしないんだよなぁ(´・ω・`)

でも、密かに信じてるから!
ひそかにね!!

参加中⇒にほんブログ村 パ・リーグ



テーマ:パ・リーグ - ジャンル:スポーツ

【2010/09/27 00:00】 | パ・リーグ’10 |
最高の試合、名場面、名勝負
参加中⇒にほんブログ村 パ・リーグ

惹かれる記事があったので、久々野球ネタ。

■監督、選手らが選ぶ「最高の試合」が決定

日本野球機構は、プロ野球の歴史を彩った「最高の試合」と「名勝負・名場面」について
監督、コーチ、選手の計858人に行ったアンケート結果を発表。

「最高の試合」部門は最終戦の同率首位対決、
1994年10月8日の中日-巨人が1位。
「名勝負・名場面」部門の1位は、
昨年10月のパ・リーグのクライマックスシリーズ第2ステージ第1戦で、
日本ハムのスレッジ(現横浜)が放った逆転サヨナラ満塁本塁打。
「最高の試合」でも4位の一打に、
スレッジは「数多くの選手、プレーの中から選ばれて本当に光栄」。

両部門の2位には2001年9月、北川(現オリックス)の代打逆転サヨナラ満塁弾で
近鉄がパの優勝を決めた試合が選ばれた。
北川は「人の記憶に残ることをできたと思うと幸せ」と懐かしそうに振り返った。

(サンスポより抜粋)

NPBの該当ページはこちら↓
「最高の試合」「名場面・名勝負」
監督、選手らが選ぶ記憶に残る試合


“球団別”ので、他の球団が全部自チームの試合を選んでいるのに
楽天には近鉄の選手多いから“近鉄くくり”ね。私的に。
西武だけ『10.8』を推してるって言うね…。
自分のチームから選ぼうよ、そこは(゚Д゚;)
いっぱいあるでしょーよ!最高の試合展開がっ!!


ちなみに潮崎の『最高の試合』と『名場面・名勝負』は
コレ↓
■86 潮崎哲也 コーチ

【最高の試合】
1994年4月9日 西武-近鉄 (西武)
【理由】
8回までスコアは0対0(西武はノーヒット)。
9回に近鉄に3ランホームランを打たれるが、その裏、伊東選手(西武)の満塁サヨナラ本塁打。
【名勝負・名場面】1987年4月10日 読売-中日 (後楽園)
西本投手(読売)対落合選手(中日)。
【理由】
落合選手がセ・リーグに移籍しての初対決。全球、全打席、シュートの投球が印象的。

西武ライオンズ 潮崎哲也

あー!
あったあった!覚えてる!!
開幕戦での伊東さんの満塁サヨナラホームラン!
【4月9日】1994年(平6) 屈辱の大記録が一転!史上初、歓喜の開幕逆転サヨナラ満塁弾!@スポニチ

まだ日記を手書きしてた頃、
しっかりその試合のコトを書いた記憶がある。


ヤフコメでは『最高の試合』で『10.19』を推す人が多かった。
私は『10.19』のコトは、文献でしか知らないけど
それだけみんなが推すってコトは、そうとう熱い試合だったんだろうな。


私的『最高の試合』は、どの試合だろう。

生でサヨナラ勝ちとか観るごとに
『今日の試合こそ人生最高!』って
思っちゃってるから、ひとつに絞れないかも。

強いて言うなら、やっぱり

2001年9月26日 大阪近鉄-オリックス

北川の代打逆転満塁優勝決定ホームラン


ラジオ中継だけであそこまで号泣したのは初めて。
『こんな奇跡がこの世にあるのか!!』ってカンジだった。

近鉄優勝のシチュエーションに感動泣きしたのもあるけど、
泣き崩れる守護神・大久保にも泣けたなー。
今でもあの日のランスコ観ただけで泣ける。

その翌年、まさか自分が近鉄番になるとは思わなかった。
そしてその3年後、
その近鉄バファローズが消滅するなんて夢にも思わなかった。
どんな悪夢だよ、まったく。


私的『名勝負・名場面』はコレ!
西口、完全試合…?!@太平洋同盟記
2005年8月27日(土)
西武ライオンズvs楽天イーグルス@NPB


この試合は生涯忘れられない。
生観戦したから余計にそう感じる。

『完全試合、やっちゃうんじゃないの?!』

っていうときの、あの球場全体のザワザワ感・ドキドキ感
そうそう何度も体験できるモノじゃない。

いつか“本物の”完全試合が観たいなぁ。


で、“劇的勝利”の立役者・北川が
どの試合をピックアップしたのか気になって見てみた。
こんなカンジ↓
■23 北川博敏 内野手

【最高の試合】
2004年9月24日 大阪近鉄-西武 (大阪ドーム)
【理由】
消滅した大阪近鉄が大阪ドームで行った最後の試合。
なくなるチームに大勢のファンとともに涙を流した思い出がある。
【名勝負・名場面】
2001年9月26日 大阪近鉄-オリックス (大阪ドーム)
自身の代打逆転サヨナラ満塁本塁打でリーグ優勝決定。
【理由】
自分の事ですが…。自分でも信じられない出来事でした。

オリックス・バファローズ 北川博敏

やっぱ、あの試合だよねー。
2001年9月26日 大阪近鉄-オリックス 26回戦 (大阪ドーム)

コレはヒドイ…↓
■26 有銘兼久 投手

【最高の試合】
特に印象深い試合はありません。
【名勝負・名場面】
特に印象に残っている試合はありません。

楽天イーグルス 有銘兼久

そんなコト言ってるから有銘は…
この前の試合でもアレだったし
蒸し返される怒り。

各球団の『最高の試合』『名場面・名勝負』直リンクはコチラ↓
Top Flashウザいからさ
北海道日本ハムファイターズ
東北楽天ゴールデンイーグルス
福岡ソフトバンクホークス
西武ライオンズ
千葉ロッテマリーンズ
オリックス・バファローズ

再来週は夏休みだー(´∀`) 福岡ドームだー(´∀`)
久々の遠征タノシミス

参加中⇒にほんブログ村 パ・リーグ

テーマ:パ・リーグ - ジャンル:スポーツ

【2010/08/10 00:00】 | パ・リーグ’10 |
投手コーチ様ですから
参加中⇒にほんブログ村 パ・リーグ

『潮崎 何様』で検索されてた当ブログ。

「何様」って…そりゃ

投手コーチ様ですよ!!

偉そうなコトの1つや2つ言ってもイイ立場ですよ(`・ω・´)

そんな潮崎コーチの週末発言集まとめ↓

■菊池雄星、二軍でもお荷物

西武のゴールデンルーキーのはずだった菊池雄星なのに、
今や二軍でもお荷物になっている。

社会人野球チーム相手の試合でも、3イニング投げて無安打とはいうものの、
内容は7四死球、1失点の大乱調。
潮崎一軍投手コーチも「停滞前線まっただ中」と一刀両断。

「将来的に大きく育ってくれればいい。あわてることはない」
と、後藤オーナーは熟成栽培方針を明かしているが、
そんな悠長な事を言っている場合ではない。
開幕早々だというのに、1万人も入らない日がある
西武ドームのお寒い現実を見たら、
経営者として、危機感を覚えなければいけないだろう。
ファンを球場に呼ぶには、雄星の一軍昇格、ローテーション入りしかない。

(ライブドアスポーツより抜粋)

菊池絡みでの露出度も多いワケで
菊池が投げれば潮崎コーチのコメントも出てくる。

社会人相手の練習試合に先発して
7与四死球と散々だった菊池くん。
…しかし、ノーコンですなぁ(ノД`)
だんだん1軍マウンドが遠のいているよ。

確かに菊池くんが1軍に上がればお客さんが増えると思う。
経営的にも、ホント早く上に来て欲しい。

ってか、最近は福岡ドームの客入りの悪さも気になるんだよなぁ…。
空席がすごく目立つ。

もうひとつ菊池関連ネタ↓

■地に落ちた雄星 7四死球降板後ベンチで談笑に小野コーチ激怒

不振で2軍調整中の菊池雄星は、社会人との練習試合に先発。
ノーコン大荒れの上に、ベンチで笑っていたことで小野2軍投手コーチが激怒。
「無期限登板なし」を通達されるなど、雄星株は地に落ちてしまった。

小野コーチは「1年目の若造ということですよ」といえば、
潮崎投手コーチは「汚いフォームならわかるけど、キレイなフォームなのに。
高校の時は、あんなスライダーだったっけな?空振りするような球ではない。
停滞前線真っただ中。まだまだ時間がかかる感じだね」
とクビをかしげるばかりだ。

(ライブドアスポーツより抜粋)

あんまりこういう批判コメントばっか読んでると
「逆に育て方が悪いのでは」…とか言いたくなる(´・ω・`)

ほら、厳し過ぎても良くないとかさ!
ちやほやしてあげた方が伸びたりするコトもあるし。
そういうタイプの若い子って多いんでしょ?

言うても、まだ高校卒業したてだからね
新聞にこういうコト書かれちゃうと本人も落ち込むと思うし
投手コーチ様とは言え、その辺はうまいことやって欲しいな。

■寝違い帆足「調整不足」ロッテに5連敗

帆足が首を寝違えた影響もあって3回途中でKOされ、対ロッテ5連敗。
3回に3連打を浴び、暴投で3点目を失うなど本来の力を発揮できなかった。
遠征先のホテルで痛めたとみられ「調整不足です」と肩を落とした。
大敗した渡辺監督は「最低のゲーム」と厳しい表情で言った。
打線は4安打で、今季初の完封負け。
8回には中継ぎの山本、宮田が四球絡みで7失点で試合を壊した。

(ニッカンより抜粋)

昨日の試合が、今シーズン最低の試合だったそうだ。

うん。
なんて言うか、笑えた。
終盤、特に笑えた。
「こらこら、どこまでサービスするんだ、君たちは!」みたいな。
まぁ、笑っていられるのも春先だけですぜ(`・ω・´)

帆足、寝違えたとか…(゚Д゚)
MY枕を遠征先に持っていけ!!

投手交代でマウンドに行く潮崎コーチ
潮崎写真

投手コーチがたくさんマウンドに行くのは嬉しい(´∀`*) <喜ぶな

■怒りの14安打!ロッテを“M字退却”させた

M字開脚に負けない“L波状攻撃”で前夜のリベンジを果たした。
西武打線は4回までに2、3、2、1と点を積み重ね、今季最多となる14安打と爆発。

9日の同戦では、ロッテ・神戸が6点目となる3ランを放ち、
インリン・オブ・ジョイトイのM字開脚を披露。
その派手なアクションに、西武首脳陣は「侮辱行為だ」と非難。
この日のミーティングでは「打ち合いになったら打ち勝て」とゲキ。
まな弟子・涌井の無念を晴らした潮崎投手コーチは
「やり返そうというのがあったからね。スッキリしたよ」と留飲を下げた様子。

(スポーツ報知より抜粋)

M字開脚やったの?
それ、観てない!
観たかった(゚Д゚)!!

コトの顛末はこんなカンジ↓

神戸、緊急代打弾ではしゃぎすぎ!「反省しています」

喜びのあまり、右腕を突き上げてベースを一周。
三塁手前でガッツポーズを繰り返し、
一塁ベンチへ戻ると、マリーンズの「M」をもじったのか、
右翼席へインリンの「M字開脚」をプレゼント。
これが「涌井と西武球団に対する侮辱行為だ」(西武・潮崎投手コーチ)
などと怒りを買った。

(スポーツ報知より抜粋)

M字開脚より、西武ベンチ前でガッツポーズしたことに怒ったのでは。
マリーンズファンは盛り上がったんじゃなかろーか。

■喜びのM字開脚に報復!?死球&乱闘騒ぎ

ヒーローの第一声は「はしゃいですいません」だった。
「ライオンズの方々にも悪いことをした」と、
節度を越える喜び方だったと反省。

神戸が大興奮の1号3ラン。
過度の歓喜に西武は“反応”。
3回1死の第2打席では、3球連続で内角攻めで死球を受けた。
金森コーチと西村監督が駆け寄り、両軍入り乱れる一触即発の空気に。

(ニッカンより抜粋)

西武、しっかり報復死球してるし(ノД`)

チームが好調だからこそ出来るパフォーマンスでしょう。
春だけの勢いならないようになー。

■順位表
1:ロッテ -
2:西 武 3.0
2:オ リ 3.0
4:バンク 3.5
5:楽 天 5.0
6:日ハム 6.5

参加中⇒にほんブログ村 パ・リーグ


冷え、肩凝り、むくみなどでお悩みの方に…【漢方ドットコム】

テーマ:パ・リーグ - ジャンル:スポーツ

【2010/04/12 00:00】 | パ・リーグ’10 |
ライオンズ単独2位
参加中⇒にほんブログ村 パ・リーグ

最近また野球が観れない日が続いてる。
…やってらんねーよ(´・ω・`)
モチベーションが下がりっぱなしだよ。

転職早々コレですわ。
『その先に何かあるから』って言われたけど、正直何も見えない。

やっぱ野球の仕事じゃないと、私は満足できないのかも。
あの頃が仕事してて1番楽しかったもんなー。

また球場で働きたいな。

まぁ、でも三十路+1なんで
もうそんな生温いコト言ってらんないけど。

■開幕5カード連続負け越し…日本ハム

投打がかみ合わず、日本ハムが開幕から5カード連続の負け越し。
リーグ優勝した2007年は、開幕から7カード目でようやく勝ち越しただけに、
稲葉は「こういう状況に立ち向かえば、チームは大きくなる」と前を向いた。

(スポーツ報知より抜粋)

ハムさんが相変わらず勝てない。
ってか、5カード連続負け越しとか(゚Д゚)!!
去年のパ・リーグ覇者がっ!

繋がらない打線もアレだけど、
投手陣の与四球8はヤリ過ぎでしょう…。

ベンチの雰囲気が悪くなきゃイイけど。

■おかわり13試合目の初アーチ…西武3連勝

西武・中村が13試合目での本塁打、
中島にも3号2ランが飛び出すなど12安打9点で3連勝。
先発の石井一はベテランらしい要所を締める投球を見せ、7回2失点で2勝目。

4番の中村が外のボールを右翼席に弾き返した。
今季51打席目で出た1号2ラン。

(スポーツ報知より抜粋)

こちらは、ようやく光が見えてきたおかわり君。

今までホント、ひどい打率だったもんね。
それでも4番に据え続けた監督の忍耐力は素晴らしい。

ケガで調整不測もあるだろうし
今日から開幕だと思って調子上げてくれればイイや。

オリとの直接対決で勝ち越し、コレでライオンズは単独2位に!

■ロッテ10勝一番乗り!大嶺10K初完封

いつもと違う大嶺がマウンドにいた。
直球とチェンジアップで三振の山を築く。
被安打は4、自身初の2けた10三振を奪い、今季初勝利を完封で飾った。
チームは12球団で10勝一番乗り。
4年目の今季、ゆったりとしたワインドアップモーションに取り組んでいる。

(サンスポより抜粋)

ロッテが強い。
まだ強い。

この日は大嶺が被安打4の完封勝利。
唐川といい、若手が成長してて良いね!

大嶺のその“ゆったりとした”フォームが何やら問題になっているようで↓

■秋山監督“天敵”大嶺の投球モーションに抗議

大嶺の投球モーションにソフトバンクの秋山監督がかみついた。
試合前のメンバー交換時、白井球審に5分を超える猛抗議。
1回終了後も再び球審に詰め寄った。
「あれは3段モーションじゃないの?オープン戦の時から審判に言ったんだけど」。
だが、訴えは認められず、打線は4安打で今季初の零敗。
これで大嶺には通算6戦4敗となり、もはや天敵だ。

(スポニチより抜粋)

2段も禁止なのに、3段モーションて…(゚Д゚;)
私は実際に試合観てないから何とも言えないけど
どんなフォームで投げてたんだろ。

『ホークスに入りたい』と言ってゴネて泣いてた大嶺が
ロッテに入団してホークスキラーになるとはね。
すげー面白いな。

これからもホークス打線をきっちり抑えて下さいっ!

■順位表
1:ロッテ -
2:西 武 2.0
3:オ リ 3.0
4:バンク 3.5
5:楽 天 5.0
6:日ハム 7.5

参加中⇒にほんブログ村 パ・リーグ

テーマ:パ・リーグ - ジャンル:スポーツ

【2010/04/08 00:00】 | パ・リーグ’10 |
木村拓也コーチ死去
参加中⇒にほんブログ村 パ・リーグ

朝から哀しいニュースが入ってきた。
元カープのキムタクが、亡くなった。

まだ37歳。
コーチとして第2の人生が始まったばかりだったのに。

■巨人 木村拓也コーチ死去

巨人の木村拓也内野守備走塁コーチが7日午前3時22分、
くも膜下出血のため死去した。37歳だった。

木村さんは2日にマツダスタジアムで行われた広島-巨人の試合前に練習で
ノックを打っている際、ふらつきながら突然倒れた。
搬送された病院でくも膜下出血と診断され、意識不明の状態が続いていた。

木村さんは1991年に日本ハムに入団後、
広島、巨人で内外野に加え、捕手も守れる選手として活躍。
昨年現役を引退し、ことしから巨人の内野守備走塁コーチを務めていた。

(スポニチより抜粋)

カープの印象が強いけど、最初に入団したのはハムだったんだ。

そういえば、SMAPのキムタクと対談してたなぁ。
『歳も一緒だ』とか言ってたな…。

こんなに早く、しかも急に亡くなるなんて。
各紙の記事を読むだけで泣けてくる。

ご冥福をお祈りします。

■岸 また「7回1死の壁」も1安打完封

またも7回1死からだった。
3月30日のソフトバンク戦(西武ドーム)同様に
ここで西武・岸のノーヒットノーランの夢は砕かれた。

後藤に初安打を許した岸はちょっぴり苦笑いを浮かべたが、
「あれが9回だったら“あ~あ”となりますけど…。
この前は四球から失点したので、四球だけは気を付けました」
と気持ちを切り替えた。
そして無四球で、自身初の1安打完封勝利。

(スポニチより抜粋)

この日もほぼノーヒットノーランで完封勝利。

もー!!
惜しいよ!あの1本さえなければっ!!

今回は四球もなかったしね。
ホントに素晴らしいピッチングだった。

やっぱり岸はナイターだと強いのか(゚Д゚)
デーゲームで岸が投げる日は球場行かないようにしよう。

■オリックス・赤田、古巣のファンから大歓声

キャンプ中に西武からオリックスに移籍した赤田が、
古巣との初試合に「2番・右翼」で先発。
1回の打席では古巣のファンから大歓声で迎えられた。
「うれしかった。普通は出て行った選手はブーイングを浴びるものだけど…」。
「西武は負けたくない、打ちたい、という思いも強い相手」と話した。

(サンスポより抜粋)

誰もブーイングなんてしないよ。
みんな、オリで活躍して欲しいって思ってるハズ。

でも、出来れば西武戦以外で活躍して欲しい。

■楽天永井「ホッとした」8回1失点初勝利

永井怜が8回を1失点に抑えて、今季初勝利。
1回に2安打1四球で1点先制を許したものの、2回以降は立ち直った。
先発3本柱と言われながら、ここまで2戦2敗。
ウイニングボールは「妻に渡します」と、結婚後初の記念球を握りしめた。

(ニッカンより抜粋)

永井、初勝利オメ☆
しかし、クマがねぇ…。

ハムが不調過ぎて、楽天の不調っぷりが目立たないな。

■ロッテ川崎が阪神へ金銭トレード

阪神が6日、ロッテ川崎雄介投手(28)を金銭トレードで獲得した。
プロ5年目で主に中継ぎとして活躍した左腕。
08年に最優秀中継ぎ投手のタイトルを獲得するなど、通算162試合に登板し7勝8敗1セーブ、防御率3・37。
川崎はこの日、2軍遠征先の宮城県内でトレードを通告された。
「ファンの声援のおかげで成長していけたと思ってます。
ここで学んだことを新天地で生かせるようにがんばりたい」とコメント。

(ニッカンより抜粋)

川崎が阪神に(゚Д゚)!
今年はロッテからセに流れる選手が多いな~。

川崎の新天地での活躍、期待してます。

そういや、江尻のトレード記者会見
めちゃめちゃ貰い泣きした・゜・(ノД`)・゜

あんなにチームに愛着があるのにね…
厳しいね、プロの世界は。

■唐川 今季最短KO…連勝ストップ

ロッテの唐川が、外角中心の配球を狙い打たれ今季最短5回2/3で降板。
カウント有利な状況で甘く入った球を痛打された。
「早めに追い込むのが自分の投球スタイル。積極的だった相手の作戦勝ち」。
好調だった打線も1~5番が無安打と沈黙。

(スポニチより抜粋)

ここのとこナイスピッチングを続けてた唐川だけど
この日は早々に降板。

そんな…相手の作戦勝ちを褒めたら
他の球団がみんなやっちゃうヨ(゚Д゚;)


はぁ…
なんだか気分が上がらない。

今年は小林繁コーチが急死したり、小瀬が自殺したり、キムタクが急死したり…
なんか良からぬことばっか起こるね。

■順位表
1:ロッテ -
2:西 武 2.0
2:オ リ 2.0
4:バンク 2.5
5:楽 天 5.0
6:日ハム 6.5

参加中⇒にほんブログ村 パ・リーグ


テーマ:パ・リーグ - ジャンル:スポーツ

【2010/04/07 00:00】 | パ・リーグ’10 |
| ホーム | 次のページ
太平洋同盟記


◆SINKER’s DIARY◆        野球は断然パシフィック・リーグ!!パ・リーグ贔屓日記です。 ライブ、映画、キャラメルボックス観劇レポもたまに。

出雲そば風月庵

ブログ内検索

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

頑張れ楽天イーグルス

最近記事




powered by プロ野球Freak


化粧品の動物実験反対!



キャラメルボックス公演情報


プロフィール

SINKER

Author:SINKER
パ・リーグを追いかけて今年で24年目になります。“No Pacific League, No Life”

近々の目標は、英語を話せるようになってイチローさんのホームグラウンドまで一人旅することです。→2013年に達成!

※個人ブログへのリンクはフリーです。
情報サイトやBBSへの無断リンクは
ご遠慮下さい。


パ・リーグブログランキング参加中
にほんブログ村 野球ブログ パ・リーグへ


洗濯物干せるかな?


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。